Archive | RSS |
2015-03-15 00:39:21 (305 reads)

舘教授のトークイベントを、3/15(日)日本科学未来館 7階 サイエンスホールにて開催します。
VRという学問を築き上げてきた舘教授の話が聞ける数少ない機会です。

お時間のある方は、是非ともご参加ください。


------------------------------------------------------------------------------
【バーチャルリアリティ研究の第一人者が語る未来のかたち 3/15(日)トークイベント開催】

ものの素材感や重量感、そして人のぬくもりといった「触感」と呼ばれる感覚。もしも、その場にないものまで、あたかもそこにあるかのように触れるとしたら、私たちの生活がどのように変わっていくでしょうか。
3/15(日)、バーチャルリアリティ研究の第一人者である舘太萓検陛豕大学 名誉教授)をお招きし、トークイベントを開催します。
お話しいただくのは、バーチャルリアリティの一分野である「テレイグジスタンス」について。離れた場所にいるロボットの視覚、聴覚、さらにはロボットが感じたさわり心地を、操縦する人間が感じ取ることができる技術です。テレイグジスタンスが切り開く世界はどのようなものになるでしょうか?
なお、トークイベントはUSTERAMでも配信します。中継を通してテレイグジスタンスの世界を体験できるかも? 皆様のお越しをお待ちしております。

サイエンティスト・トーク「"ふれる"をつたえる ― バーチャルリアリティとテレイグジスタンスの世界」
http://www.miraikan.jst.go.jp/event/1502271417993.html
●開催日時:2015年3月15日(日) 14:30〜15:30
●開催場所:日本科学未来館 7階 イノベーションホール
●定員:100名
●参加費:トークイベント:無料
テレサ梗賊藐学:入館料が必要
●参加方法:事前申し込み不要。 直接会場受付にお越しください。
●当日ファシリテーターを勤めるSC松浦が書いたブログ
「体験しよう!「"ふれる"をつたえる」こと。−3月15日トークイベント開催!」


2015-03-15 00:15:43 (252 reads)



"Mutual Hand Representation for Telexistence Robots using Projected Virtual Hands" got the best demo award at Augmented Human 2015.



AugmentedHuman2015
-http://asg.sutd.edu.sg/ah2015/home


2014-09-01 19:03:44 (761 reads)



 慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科・舘研究室では,JST戦略的創造研究推進事業の一環として、空中投影型裸眼三次元裸眼立体ディスプレイ「HaptoMIRAGE」を開発しました.HaptoMIRAGEは3D映像を現実の環境上に重畳して表示でき、ユーザは特殊な眼鏡をかけることなく、広い範囲から両眼視差と運動視差を持つ立体映像として観察することができます。さらにユーザと提示映像の間に障害物となる構造がないため、提示映像に手を伸ばしての操作や空中に3DCGの絵を描くといった実環境と情報環境がシームレスに融合した新しい体験を実現します。本研究成果により、公共空間におけるデジタルサイネージ、博物館におけるインタラクティブ展示、アーケードゲームなどのエンターテイメントなどの分野において、実物体と融合した相互作用可能な空中3D映像の利用が容易に実現できるようになることが期待されます。
 なお,本研究はIIJイノベーションインスティチュート(株)の新居英明氏との共同研究として実施されました.


プレスリリース全文は以下のサイトを御覧ください.
http://www.jst.go.jp/pr/announce/20140901/
http://www.keio.ac.jp/ja/press_release/2014/osa3qr0000008d0x.html


2014-08-22 16:25:46 (702 reads)

Miraikanオープンラボ 〜研究者の"秘密基地"を探検しよう!〜
の一環である「たんけんしよう!」において,舘研究室も参加します.
下記のスケジュールでオープンラボを行います.

日時: 2014年8月22日(金)
13:00〜14:00/さわれる情報環境プロジェクト・リビングラボ東京プロジェクト
15:00〜16:00/さわれる情報環境プロジェクト・リビングラボ東京プロジェクト

日時: 2014年8月23日(土)
13:00〜14:00/さわれる情報環境プロジェクト・リビングラボ東京プロジェクト
15:00〜16:00/さわれる情報環境プロジェクト・リビングラボ東京プロジェクト

定員: 各回 10名
参加方法: 開催当日に、3階総合案内付近で整理券を配布します。
 13時の部 10:00より配布
 15時の部 13:00より配布


2013-03-25 12:42:06 (1758 reads)




Haptic Editor got the Laval Virtual Award 2013 in the section of Industrial design and Simulation.

Laval Virtual2013: http://www.laval-virtual.org/2013/
Laval Virtual Award 2013: http://www.laval-virtual.org/2013/?p=495


2013-03-21 12:32:41 (1507 reads)




Mr.Kurogi (Research Assistant of Tachi lab ) got the Best Poster Award at IEEE VR 2013 was hold in Orlando, America.

IEEE VR2013: http://ieeevr.org/2013/


2012-10-20 08:22:30 (1192 reads)



TECHTILE toolkit project have won the Best Demo Award in JVRC(ICAT) 2012.

About JVRC(ICAT) 2012:http://jvrc12.fi.upm.es/#


2012-10-13 08:07:19 (1174 reads)




TELESAR V and Charith is selected as a finalist of following two awards in IROS2012

(1) ICROS Best Application Paper Award Finalist

Charith Lasantha Fernando, Masahiro Furukawa, Tadatoshi Kurogi (Keio Univ),
Sho Kamuro, Katsunari Sato, Kouta Minamizawa, Susumu Tachi,
Design of TELESAR V for Transferring Bodily Consciousness in Telexistence
in Proc. of IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems
(IROS2012), Vilamoura, Algarve, Portugal (2012.10)

(2) IROS 2012 Best Student Paper Award Finalist

Charith Lasantha Fernando,
Design of TELESAR V for Transferring Bodily Consciousness in Telexistence
in Proc. of IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems
(IROS2012), Vilamoura, Algarve, Portugal (2012.10)

IROS2012:http://www.iros2012.org/site/
AWARDs in IROS2012:http://www.iros2012.org/site/sites/default/files/iros2012_AwardsResults.pdf


2012-10-10 16:08:02 (1172 reads)



TECHTILE Toolkit project got the Good Design Best 100 Award.

GOOD DESIGN AWARD: http://www.g-mark.org/
Detailed information: http://www.g-mark.org/award/describe/39092


2012-10-01 16:19:51 (1555 reads)

Takeuchi et al. are awarded by Entertainment Computing 2012.

About Entertainment Computing 2012: http://ec2012.entcomp.org/index.html


(1) 2 3 »